フットサルの1対1で使える3つのドリブルからのシュート方法

フットサルは、シュートを打って得点を奪うことで勝利を得ることができます。

そこで考えるべきことは、どのような局面でも得点を奪いに行く姿勢を持つことです。

1対1の局面ができやすいフットサルでは、ドリブルを仕掛けて、目の前のディフェンスをかわすことができれば、シュートが打てるチャンスが大きくなり、得点の可能性が高まります。

ドリブルを仕掛けて、相手を抜いてシュートを打つには、フェイントやボールを動かす技術を身に付けて相手と駆け引きすることが求められます。

ここでは、ドリブルから仕掛けて、シュートまでいくための効果的な方法を紹介していきます。

こういった技術は、小さな頃から練習をしていかなければ、身に尽きませんし、ディフェンスと相対した時に弱気になってしまうこともあります。

何度も練習を繰り返して自信を深めていくことが重要になるのです。

スポンサーリンク
futsal-improvementレクタングル大

目次

ドリブルシュートのポイント

ドリブルシュートを打つためのポイントは、スムーズな流れからシュートできるかどうかになってきます。

ドリブルの流れからスムーズなシュートを打てば、キーパーは反応しづらくなります。

ディフェンスもかわされた瞬間にシュートを打たれれば、シュートコースを塞ぐことが難しくなってきます。

フットサルにおけるシュートは、いかに相手のタイミングをずらし、キーパーが反応できないタイミングでシュートを打てるかどうかで効果的なシュートになるかどうかが決まってきます。

1対1の状況などは、シュートが入りにくい場面でもありますが、ディフェンスをかわし切らないで、ディフェンスをずらすぐらいでシュートを打てば、相手ディフェンスがキーパーのブラインドになってゴールが入りやすくなる場合も考えられます。

試合で使えるドリブルシュート

試合で利用できるドリブルシュートには、スムーズな動きが重要視されます。

いち、に、さんと言ったタイミングで、相手ゴールキーパーも分かりやすいリズムでシュートを打てば、当然シュートを取りやすくなりますし、ドリブルをしてシュートを打つまでのタイミングが長ければディフェンスもシュートコースを塞ぎやすくなります。

こういった形ではなく、フットサルにおいては相手ディフェンスやゴールキーパーが反応できないようなタイミングでシュートすることが大切です。

1対1の局面であっても、シュートチャンスがあれば充分ゴールにつながる可能性がありますし、そこからも仕掛けることが何よりも重要になってきます。

①ドリブルからのトーキック

フットサルで使えるドリブルからのシュートの方法の1つに、トーキックシュートがあります。

トーキックは、足のつま先でボールを押し出しますので、ドリブルをしているその足の動きそのままにボールを蹴れば、シュートを打つことができるのです。

足を振りかぶる動作がない分、キーパーやディフェンスに読まれにくく、咄嗟のシュートに向いていると言えます。

1対1の状況でも小さな隙を見つければ、そこをトーキックで狙うことでディフェンスが反応しづらくなり、ゴールに向かう可能性が高くなるのです。

ただし、トーキックは力めば力むほどコントロールが付け辛くなるシュートですから、そのあたりを意識して練習することが重要です。

②ゴールを見ずにシュート

フットサルのドリブルからのシュートとして効果があるのは、ゴールの位置を確認せずに打つシュートです。

これは、ただ闇雲にシュートを打つという意味ではなく、事前にゴールの位置は頭の中でイメージをしておきます。

1対1の状況からドリブルをして、そのままの流れでシュートを打てば、相手ゴールキーパーに反応されずにシュートを打つことができます。

シュートを打つ時には、どうしても顔を上げてボールを確認し足を振りかぶってシュートを打つので、キーパーにコースを読まれやすいのです。

事前に頭の中にゴールを描いておくことで、キーパーに読まれず不意のタイミングでシュートを打つことが可能となってきます。

③抜ききらずにシュート

フットサルの1対1でシュートを打つためには、相手ディフェンスを抜き切らずに打つ方法も1つのやり方です。

1対1で相手のと対面していると、まずその相手を抜き切ってからシュートを打つというイメージがあります。

しかし、これだとディフェンスを抜き切らなければいけないので、なかなかシュートに持ち込むことができません。

そうではなく、目の前の1対1の相手のポジションを少しだけずらしシュートコースを作り出し、相手の脇を抜けるようなシュートを早いタイミングで打つことができれば、相手ディフェンスが壁になってくれてキーパーが見づらい位置を作ってくれますから、ゴールが入りやすくなるのです。

シュートのやり方はただ打てばいいだけではなく、少し発想を変えるだけでゴールに入りやすくなるのです。

シュートモーションがわからないように打つ

フットサルのシュートで大切になってくるのは、シュートモーションが分からないようにして打つことがポイントです。

相手のディフェンスもゴールキーパーもシュートのモーションが大きければ大きいほど、コンマ何秒かの間にシュートコースを予測しポジションを移動させることができます。

しかし、シュートを打つのかドリブルをするのか、そういった選択肢がわからない状況であれば1対1の局面であっても咄嗟に反応できず、シュートを許してしまいます。

ですから、オフェンス側としてはいかにしてシュートモーションがわからないような素早い動きでシュートを打つことができるかが重要になるのです。

スポンサーリンク
futsal-improvementレクタングル大

futsal-improvementレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする